「嫁き遅れ(いきおくれ)」と言われるのが嫌で結婚した

「嫁き遅れ」って文字を打とうとしても漢字変換が出来ませんでした(笑)もうすっかり死語になったのですね。今年で御年(笑)50歳を迎える私が結婚した今から25年前まではまだまだこの「嫁き遅れ」という言葉がはびこっていたわけですヨ!「嫁き遅れ」と言われるようになってしまう年齢はピンポイントでズバリ、25歳です。私はこの25歳で結婚したのですが、もっと分かりやすい例えで当時は女性の年齢をクリスマスケーキになぞらえていました。すなわち24日のイブまでは(24歳までは)普通に売れる、でも25日(25歳)を越えてしまうともう売れない=売れ残り。「嫁き遅れ」や、ケーキ扱いでの売れ残り、なんて言われ方は当時の娘たちにはたいへんな屈辱で、(不思議なことに世間一般職場でも近所でも当たり前のようにそういう言われ方をされていたわけです…)そう言われないようになんとしても25歳までに私は結婚しなきゃ!と危機感を覚えて必死でいました。今この国の若者の晩婚化、非婚化が叫ばれていますが、私はもちろん色々な原因や社会状況があるとは思うけど、大きな変化としてこの言われ方「嫁き遅れ」が無くなったこと、があるんじゃないかと思います。年頃の娘にとって、自分は誰からも選んでもらえないすなわち、女性としての魅力がない、という現実(かなり、ゆがんだ見方をしていますけどその当時は…)を周りから突き付けられるということは本トこの先、生きていくのも苦しくなるような、そんな切羽詰まった思いがしたものです。無論男性にモテたり、普通に彼氏が出来る女性には何の心配もなかったかもしれないけど、私のように男の人から好かれない、恋人も出来たことない、ずっと共学できたのに一度も男子と言葉を交わしたこともない、そんな女の子だったから間違いなく「嫁き遅れ」の人生になるだろう。何とかしないと!!で24歳になる直前に、雑誌の中広告に糊付けされた「結婚相談所」のハガキを見つけ、藁をもすがる思いでアンケートに答え投函、じき担当女性よりTELが入り(セールス)、来所.申し込み、で一番最初に紹介されたのが今の旦那です。こんな始まり方をした結婚生活が幸せなわけありません。私に紹介というかあてがわれた??としか思えない夫も(向こうは商売ですからね…)私と同じ異性から見た魅力は皆無でもちろん普通の生活では相手を見つけること出来なかった人、(私もそうです人のことは言えません。)おまけに当時は分からなかったけどアスペルガーという厄介な障害…今になって思うのは、またもし人生が間もなく終わるとするならば、あの頃「嫁き遅れ」なんて言葉がなかったら、またあっても私が惑わされることさえなかったら、私の人生もっと有効に楽しく過ごせたのではないだろうか…「嫁き遅れ」と言われようとも、また結婚したからたしかに言われなくて済んだんだけど、のちのち死にたくなるような辛い結婚生活になるのなら、しない方がましだったのでは…そんな風に思うようになりました。今さら昔には戻れないし、あの当時の価値観それを、忠実に守ろうとしていた、若い私の気持ちも分からなくはないけれど、今からはもうこんなバカげた思い間違いなんかしないし、何が自分にとって正しいか、何をしたいか、したくないのか、きちんと判断して、世間の価値観ではなく『真の自分』に忠実に!嘘いつわり無く、真っ直ぐで堂々とした気持ちで暮らしていきたい!!と心から思います!
PS.それにしても嫁き遅れ、漢字変換出来なかったのには驚いたなあ~~
[PR]
by 20170411mai | 2017-06-25 19:21 | Comments(0)